2月8日販売の新書『見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル』にて

去年JKビジネスに関する取材を受けさせていただいたと告知しました。

その当時はリフレのすすめのありったけの思いをぶつけていったわけですが、ここに来てこの取材に関する続報が入りました。

参考情報:旧リフレのすすめ

その時の件について旧リフレのすすめにて…

・取材で話した内容を聞き手である坂爪さんの新書にて掲載
・新書の末尾にリフレのすすめの名前を掲載
・新書の末尾にEGwebの名前を掲載

といった感じの告知をさせていただいたわけですが、

ついにJKリフレに関するリフレのすすめのありったけの思いも掲載されることになる新書の販売日が2月8日に決定したとの連絡がありました!

新書『見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル』は2月8日より各書店にて販売開始です!


20170201001

情報元:ハイブリッド型総合書店honto

リフレのすすめを含むJKリフレユーザー達の思いが詰まっているという坂爪さんの新書のタイトルは『見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル』というものになっています。

販売ページの説明にはうちを含むJKリフレユーザーさん達を「性を買う男性」と称しているが、新書では「売春」側の視点でなく「買春」側に立った視点に初めて焦点を当てたものであると謳い文句にしています。

JKリフレを”性産業”と断定してしまう点については賛否両論が飛び交う可能性が否めないですし、自身もJKリフレそのものを”性産業”と断定してしまう点には疑問を抱かざるを得ない。何といっても変な誤解を生じかねないと言いたいところなのだが、当書ではそういった誤解を抱いているであろう方々に訴えていきたいということからこういった感じの説明になっているのでしょう。

JKリフレを”性産業”と断定する点は取り合えず置いておくとして、今まで著書で描かれることのなかったJKリフレユーザー側の視点から語られる現場の内情から、その背景に潜む社会的な問題を炙り出すというのが当書の内容になっています。

リフレのすすめの中の人はそのJKリフレユーザーの1人として社会的な問題を炙り出される側の者として当書に登場するわけであります。

リフレのすすめを含むJKリフレユーザーから語られる現場の内情、そこから話を広げて浮き彫りになった社会的な問題に対して切り込んでいくというユニークかつ濃厚な内容が詰まった新書は2月8日より各書店にて販売開始です。

新書の末尾にてリフレのすすめとEGwebの名前の掲載も決定!


もちろん前々から告知していた通り今回紹介した新書の末尾にてリフレのすすめとEGwebの名前を掲載させていただくことになりました!

この場を以て親書の執筆に当たられた坂爪さんには多大なる感謝を申し上げます。

今後もこういった取材の依頼もひっそりながら受けさせていただきたく思いますので何かお力になれることがあれば承りますのでよろしくお願いします。

ただしここで注意していただきたいのですが、リフレのすすめの中の人は個人情報の開示は一切NGかつタダのキモいおっさんでしかないという点だけご了承していただければと思います。

今後もリフレのすすめ及びEGweb、そして今年から新たにライター加入させていただいた萌本Webをどうかよろしくお願いします。

広告

2月8日販売の新書『見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル』にて」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中