えりんぎボンバー炸裂?!アキバセンジャーのボンバーコース体験談

1月某日より

秋葉原のアキバセンジャーに存在する隠しコース、センジャーボンバーの実態を把握するべくえりんぎちゃんに入る形で実態調査を行った際の体験談。

アキバセンジャーにはボンバーコースという隠しコースが存在する


秋葉原に店舗を構える数少ない洗体を売りにしたリフレ店『アキバセンジャー』には謎の隠しコースが存在する。それがセンジャーボンバーコースである。

ここ最近アキバセンジャー在籍の女の子達がTwitterでボンバーというワードが呟かれるようになったものの、ボンバーコースそのものの内容については誰一人触れたがらない。故にお店側からの事前情報は皆無に等しいのが現状だ。

そんな状況が未だに続くままだから当然ボンバーコースの内容がどういうものなのかが気になるのが普通だ。

そこでネット上にて報告されている情報を事前に収集した上でセンジャーボンバーコースがどういったものなのかの実態を調査することにした。

ボンバーコースの事前情報


ボンバーコースに関する情報はセンジャーの女の子達が呟く情報、そしてリフレブロガー等によって報告されている情報だけが頼りになる。まず1つずつ情報を見ていくことにしよう。

まずセンジャーの女の子の呟きに関しては先ほども記載した通りボンバーコースそのものの内容については誰一人触れたがらないのが現状ではあるが、彼女たちの呟きからセンジャーボンバーコースに関する内容をある程度推測することは可能だ。

最近密かに有名になりつつあるおとちゃんはTwitter上でボンバーコースに関するツイートとしてこう述べている。

ざっくりいえば水着+SP洗体ということくらいしか言及しようがないということになる。

つまりボンバーコースには水着のコスプレオプションが最初から付いているということ、そしてSP洗体というものもついていることくらいは容易に推測できるはずだ。

SPと名前を敢えて付けるのだから通常の洗体とはまた違った内容になっているのだろうか。恐らくこのSP洗体そのものがボンバーコースの要となる部分ということになりそうだ。

また、自分とちょくちょく仲良くさせてもらっている超有名リフレ嬢えりんぎちゃんからボンバーコースに関する情報を伺ったところ、所謂ボンバーコースというのは6015000円で水着とSP洗体がセットになったものであること、そして水着オプションを無しにしたSPコースのみなら6012000円の通常洗体コース+1000円で可能という情報が判明した。

このことから水着オプションが付いていない通常の洗体+1000円でもボンバーコースで出来る事と同等の施術を受けられるという風にとらえることが可能という事になる。

事前情報をある程度把握したところで先ほど話を伺ったえりんぎちゃんにセンジャーボンバーコースに入るとの旨を伝えた上で事前予約を行うことにした。

折角予約をしたということでボンバーコースがどういった内容なのかについて勝手に推理してみることに


予約をしてからご対面の時間までまだ時間があったのでその間にセンジャーボンバーコースの内容を勝手に推理してみることにした。

推理1.ボンバーと名前を付けるだけの何かインパクトのある行動に出る可能性

コース名にボンバーとわざわざつけるくらいだからボンバーの名前にふさわしいだけの強烈な何かがある可能性がある。これが1つ目の推理だ。

結局のところSP洗体が当コースの要になるわけなのだが、わざわざ水着までつけて行うコースだ。

因みにアキバセンジャーの通常の洗体コースを過去に試してみたことがあったのだが、その際は台の上に寝かされた上で女の子は台の横で泡を塗りたくる程度の施術に留めていた事を考慮すると、ボンバーコースでは台の上に女の子が乗っかった上で2個の爆弾が炸裂するのではないかと推測した。

推理2.実は案外ボンバーの名前にそれ程深い意味がない可能性

しかし仮に推理1が正解であると仮定するならある矛盾が生じてしまう。

今回入ることになっているえりんぎちゃんがまさかこんな大胆なことをするのか?という話になってしまうわけだ。というのも彼女はイチャイチャ接客を売りにしつつも裏オプに関しては一切やりたがらない性格をしており、本当に2個の爆弾を爆発させるのかどうかに疑問が生じてしまうのだ。

結局のところ水着+SP洗体のセットコースでしかなく、ボンバーという名前自体にそれ程意味がないという可能性も否めない。えりんぎちゃんに限らずSP洗体では通常の洗体と何が違うのか?そこに焦点を当てることになる。

そんなこんなで勝手な推理をしているうちに予約の時間が迫ってきたので、秋葉原まで足を運ぶことにしよう。

えりんぎちゃんがやってくるまで洗体ルームで死んだふりをして待機!


いつものようにアキバセンジャーの受付を済ませた上で、紙パンツ一丁になるべくロッカールームに入って着替えます。

正確に言えばロッカーを開ければ紙パンツとバスローブ、貴重品入れがあるので、紙パンツに履き替えた上でバスローブを一度羽織ることになります。

紙パンツに関しては他の派遣型リフレ店のように露出度の高いブリーフ型ではなくトランクス型とあまり露出度は高くない。

バスローブに関してはえりんぎちゃんのTwitterにて自身がバスローブを羽織った画像を公開しているのだが、センジャーで用意されているバスローブは正に画像のように白を基調としたものとなっている。

そして貴重品入れにスマホと財布を入れてその他荷物はロッカーに入れたところでロッカー部屋内にあるインターホンで店員さんに着替えたとの旨を伝えれば店員さんに洗体部屋に案内されます。

一時期結構な頻度でアキバセンジャーに出向いてきたわけなのですが、店員さんが女性かつツンツンとした表情と淡々とした口調故に話しかけてみたいと思いつつ話しかけるのに躊躇してしまいますね。

出来る事ならいz(ryごめん何でもない

洗体ルームにはひときわ広めのシャワールームに人1人が寝転がれる程度の台が設置されておりこの台の上に乗って洗体を受けることになる。えりんぎちゃんがやってくるまで台の上に乗っかってしばらく死んだふりをして待機することにした。

リフレのすすめの中の人は2回目以降に入った店舗型リフレ店在籍の女の子かつ女の子が来るまでの待機時間が伴う場合のみ死んだふりをしたあとらすをお目にかかれるようになっている。ようは仲良くなった子に対しての恒例行事なのだ。

ちなみに死んだふりをすることで女の子のノリの良さを把握できる指標の1つにもなるため今後リフレ店に行かれる方は試してみてもいいかもしれない。ただし初回の子であれば間違いなく反応に困る可能性の方が高いのであまり推奨しないでおく。

ついに水着姿となったえりんぎちゃんとご対面!


女の子情報

4yb2p02m

【在籍店】:秋葉原アキバセンジャー
【番号名前】:榎木えりんぎ
【Twitter】:

【ブログURL】:
http://ameblo.jp/eeerin0913/
【性格】:いつもニコニコだねって言われます♪
【接客スタイル】:おしゃべり、イチャイチャ、キワキワ

詳細なプロフィールはこちらからどうぞ!
榎木えりんぎ@アキバセンジャー|女の子紹介

コンコン!

ドアからえりんぎちゃんがやってきたのだろう。

だが自分は死んだふりをするため無反応。

ガチャ!と音がした。

えりんぎちゃんが入ってきたのかな?

「あー!すすめさんまた死んだふりですかー?」

「・・・。」

「すすめさんそろそろ起きてくださいよー!」

そう言いながらえりんぎちゃんが自分の体をポンポンと叩いて起こそうとする。

そこで1つ笑いを取ろう。

リ「あ゙あ゙~~~~~ッ!(低音)」

そう喚きながら上半身を30度程度起こした上で声を出すのを辞めてバタッと倒れて再び死んだふりをする。

「んもぅ!死に際に出す声ですか?(笑)そろそろ起きて!」

相変わらずうちの茶番に乗ってくれる。これだからえりんぎちゃんには何度でも入りたくなる。

そう思いながら体を起こして顔をえりんぎちゃんの声がした方向に向かせるとパープル色のビキニを身にまとったえりんぎちゃんの姿があった。程よく引き締まった体つき、そしてFカップの2つの爆弾から成る谷間が目を引く。

えりんぎちゃんとは何度かお会いしたことはあったもののこれ程露出度の高い水着姿をお目にしたのは何だかんだ言って初めてという事もあってその美しさに圧倒されそうになるもののその動揺を抑えるかのように口を滑らせる。

センジャーボンバーコースに関して事前に予習したことをしゃべったりして会話を広げていく。

その間にえりんぎちゃんが泡を作り出す。

「最近泡作るの上手くなったんですよ!」

そう言いながら風呂桶の中で作った泡を見せてきた。

かなりモチモチ感のある泡に仕上がっていた。

確かに上手い。

モチモチになった泡をえりんぎちゃんが両手ですくった上でうつ伏せになるよう促される。

背中からヒヤッとした感触がした。

恐らく泡を背中に塗りたくったのだろう。

手の感触は背中から足へと移行する。

ここまでは通常の洗体とやってることは変わらない。

案外ボンバーと名乗っておきながらあまりインパクトのあることはやらないのかな…

そう油断しているとえりんぎちゃんから思わぬ発言を耳にする。

「四つん這いになってくれませんか?」

「んんんんん?!?!」

まさかえりんぎちゃんからその言葉を聞くとは思いもしなかったが言われたからにはしょうがない。台の上で四つん這いの姿勢を取ることにした。

文章でだとただ単にやったようにしか伝わりづらいが結構恥ずかしいことなんだからな?(笑)

四つん這いになりながらもえりんぎちゃんと話を続ける。

「普段相手にするお客さんだとみんな恥ずかしがって無口になっちゃうんですけどすすめさんは結構しゃべりますよね?(笑)」

「そりゃそうよ!なんせうちは特殊な訓練を受けているからこの程度の事では何ら動じないよ(笑)」

そう強がってみるが、自分が四つん這いになった状態でしゃべっているものだから結構恥ずかしいんだからな!お客さんが超有名リフレ嬢のえりんぎちゃんと言われるような美女の目の前で四つん這いの姿勢になる。そりゃ恥ずかしがって無口になるのも無理もない。

一体この姿勢からえりんぎちゃんは何をするのだろう?

そう思いつつ感度全開に研ぎ澄ました触覚を頼りに様子を伺う。

両足の内側に手の感覚を感じ取った。

もしかするとここで攻めに入るのか?

あれ?明らかに紙パンツの中に手が入り込んでいる?!

自分の下半身の正中部から生える導火線に触れるか触れないかの瀬戸際を攻めてくる。

マズい!これ手が少しでも正中部にズレたら導火線に火がついて爆発してしまう!

これは最凶に危機的な状況だ。

万一爆発でもしてしまえば今までえりんぎちゃんと築き上げてきた信頼関係もろとも吹っ飛ぶ。当然そんなことえりんぎちゃんの前で口が裂けても言えるわけがない。ささいな話で何とか気分を紛らわせるので精一杯だ。

これぞまさに羞恥プレイ

もはやリフレと言うよりもメンズエステのキワキワな気分を味わっているようだ。

しばらくじらされているうちに急に下半身の触覚が無くなった。

恐らく一度体から手を放したのだろう。

えりんぎちゃん?!何やってるんだい?!いきなり紙パンツを破ってSP洗体が炸裂か?!


しばらく触覚を感じなかったためこれで終わりかと思って油断していたところでだよ!

ビリリ!ビリリリリリ!!!

一瞬何が起こったのか把握するのに時間がかかった。

後ろを振り向いてみたらだよ!

えりんぎちゃんが自分の履いている紙パンツの右側を破いているんだよ!!

「え?!えりんぎちゃん?!?!今何やってるんすか?!?!?!」

「あ、紙パンツが中々破れなくて…」

そういう問題じゃない(笑)

紙パンツを破くのに悪戦苦闘しながら目いっぱい力を入れて大体紙パンツの4分の1程度まで破くことが出来た模様。反対側も同じように破いてもらって仰向けの姿勢になるよう促される。

足をハの字にするよう促された上で自分の足の内側にえりんぎちゃんが台の上に乗っかってきたのだ!

一体何が来る?!

そう警戒していると…

えりんぎちゃんの両手が自分の履く紙パンツを貫通してしまった!!

かろうじて自分の導火線を避けていたから爆発せずに済んでいるが、えりんぎちゃんの手が導火線を直撃していたらと思うとハラハラするものだ。

キワッキワを攻める泡の猛攻を耐えつつえりんぎちゃんとの会話を続ける。

当然自分の導火線について話題に触れるなんてもってのほか。

そうこうしているうちにコース時間が終了したみたいで「残った泡をシャワーで流したらインターホンで呼んでください」と告げられ爆発は何とか免れたのであった。

結論


ボンバーと名前を付けるくらいだから何かインパクトのあるものが行われるかと思っていたが、実は案外ボンバーの名前そのものには特に意味がない模様。

後程話を伺ったところSP洗体に関するマニュアルみたいなものがお店の女の子達が入ってるグループラインで共有されているみたいなのだが文章の羅列が書き連ねているだけで具体的に何をすればいいのかはよく分からないのが現状らしい。そのため女の子によってボンバーコースの内容は大幅に変わるとのこと。

内容が女の子によって変わるからこそ魅力があるという意味では「みんな変わっててそれがいい」ということなのだろう。

今回はえりんぎちゃんのボンバーコースを体験したわけではあるが大まかにまとめるとするなら通常の洗体をただ単に泡で体中に塗りたくるとするならSP洗体はリフレと言うよりもメンズエステに近いキワキワを攻める要素があるという風に感じた。

そして最後まで導火線に火を付けずにキワキワを攻めるにとどめている辺りえりんぎちゃんらしさを表していた。そう思える施術だったと言えよう。

かなりキワッキワな描写が見受けられて大丈夫なのかと心配される方。

ご安心ください!えりんぎちゃんから記事の下書きを事前に見せた上での掲載の許可を貰っていますのでそこのところは大丈夫です。

また余談ではあるが、話の途中でえりんぎちゃんの方からもしかしたら2月からアキバセンジャーのコース料金設定が改定されるかもしれないとの話を耳にしたのだが、あの後えりんぎちゃんのTwitterにて正式に2月からアキバセンジャーのコース料金が改定されることが発表された。

主な変更点は添い寝コース(30分3000円)が廃止されリフレコース(30分3500円)が添い寝コースと同等の値段に値下げになるとのこと。添い寝とリフレがごちゃごちゃになってしまいがちだったコース料金を1つのコースへと統合を図ったのが狙いだと思われる。

店舗情報


20160211001

【店名】:秋葉原アキバセンジャー
【業態】:店舗型洗体リフレ店
【店舗URL】
HP:http://akbsenjya.com/
萌ナビ:https://www.moe-navi.jp/shop/1200/
アメブロ:http://ameblo.jp/akiba-senjya/
【Twitter】:

【店舗エリア】:秋葉原エリア


※今週リフレに行かれる方へ!

今週はリフレに行かれる予定はありますか?リフレに行きたいけど、どんなリフレ店があるかいちいち調べてくるのが面倒くさいと思ってるそこのあなた!リフレのすすめ『見学・リフレ店データベース』なら都内のリフレ店の一覧を完全網羅しています。この機会にぜひご活用ください。

↓ ↓ ↓

リフレのすすめ
『見学・リフレ店データベース』

広告

えりんぎボンバー炸裂?!アキバセンジャーのボンバーコース体験談」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中