【謝罪文】リフレのすすめの今の発言と今後について

リフレのすすめ管理人のあとらすです。

最近の自身の発言について謝罪したいことを始め思ったことがあり、当記事を執筆することにしました。

最近、リフレのすすめは多くのリフレ業界関係者様に見ていただけるリフレブログにまでなりました。開設当初はリフレ客としての趣味の延長上でブログの更新をしている側面が強かったのでしたが、開設してから1ヵ月もしないうちにEGwebライターとして加入し、リフレ店を中心とする体験談記事を執筆するまでになりました。

その当時はまだリフレのすすめに影響力があるという自覚は全くなく趣味の延長線上に近いノリで執筆していました。普段はリフレのすすめを更新しつつたまにEGwebの要請を受けて原稿の執筆をする。それの繰り返しでした。

しかしながら今となっては自分の他にも多数のリフレブロガーが急増し、飲み会に積極的に参加することで横の繋がりが強固になっていきました。

それと同時に2016年度よりリフレブロガーが急増するよりも前からリフレブログを更新し続けていたこと、開設当初よりもリフレ客やリフレ嬢などの読者様を中心に一定の影響力をもたらすようになりました。

リフレのすすめで女の子紹介をした際には読者様による記事の拡散にご協力していただけたり女の子自身から感謝されるようになりました。それと同時に自分に対する悪口や批評も増え始めたように思います。

今までは「あくまでもリフレ客でしかない」と言い聞かせて間接的に自分はあくまでもプロでないと甘えているところがあったように思います。

というのも陰で書かれる悪評を目の当たりにしたり、時には言いがかりに近いような苦情を寄せてくる者も現れるようになり結構萎えました。一時期リフレのすすめを更新する気力を失った一因でもあります。

しかしながらせっかく書き続けたリフレのすすめを潰すのももったいない。記事を楽しみにして頂けている読者様も一定数存在するのは事実でそういった方々の期待を裏切りたくないといった気持ちが高ぶって更新を再開するようにしました。

その当時は悪口に対してはスルーする方針で続けることにしました。というのも言いがかりに近い苦情を寄せる者といちいち相手にしていられないということ。これが一番の理由です。

また嘘か真実かどうかも分からないような情報が出回ることも多い業界特有の性質上1つ1つ耳にしていられないというのがもう一つの理由です。

そういった背景から悪口を完全にスルーする方針で更新を続けることにしたのですが、最近ある事件がありました。

女の子やリフレ客さんのプライベートな部分に関わる可能性もあるため詳細を事細やかに説明するのは控えますが、あるお客さんの「女の子が掲載を何度も拒否したのにも関わらず顔写真付きで記事を公開したブロガーがいる」というツイートに波紋が広がりました。

その当時自身はこんな悪評を広められたらたまったものでないと冷静さを欠いて「自分のところではそんなことをしません」「削除要請が来たらすぐさま対応します」などと自分の保身に走った対応になりました。

自身のブログの評判に傷がついて既に記事の掲載にご協力していただいている女の子や店舗関係者様達に信用を失われては困る、また読者様の離脱を何とか避けたい。そういった意味で自身のブログを守るべく行った対応でした。そのつもりでした。

しかしながらこの保身に走り過ぎた対応に対して…

「女の子の情報を扱う割に自分のことしか考えていない」

「自分の保身ばかりの発言で女の子に対する心配の声がなかった」

「影響力のある発言者がモラルを欠いた発言をすべきでない」

こういった批判が見受けられました。

”自分のことしか考えてない”という発言にはちょっとイラッと来たのですが、自分を守るべくして行った一連の発言を一度見返してみたところ自分中心の発言に偏っていたのは確かな話です。

また女の子に対する心配の声がなかったという件に関してはこればかりはどうしようもありません。

まず本当に起こった話なのかを確証する手立てがありません。

更に無断で顔写真を掲載されたということから女の子自身がブロガーに対して恐怖心を抱いている可能性がある。

そんな中で見ず知らずのリフレブロガーが声をかけるとなれば恐怖心が増幅するのみの可能性が懸念されると考えたためこういった発言は今後も控えさせていただきます。余計な恐怖心を抱かせたくないので。

それよりも今回強調しておきたいのは自分の保身ばかりを考えた自分勝手な発言が多々見受けられた件に関してはリフレのすすめとしては反省すべき点です。

リフレのすすめを開設した当初はこういった批判はあまり見受けられませんでした。影響力も何もなかったのである意味当然の話ですけれども。

自身が影響力をもたらすようになってから批判的な意見が見受けられるようになったことからリフレのすすめの読者様も自身の発言に対して厳しい目で見ていただけるようになったと推測しています。

そのため言いがかりや嫌がらせをする人はともかくとして自身に対する厳しい批判も寄せられるようになった以上ネガティブなコメントを完全スルーするわけにもいかなくなりました。今後はこういった厳しい意見にも目を通して出来得る限りの対応をするくらいは行うべきと考えるようになりました。

「あくまでも客だから」と言っていつまでも甘えていられない。そしてリフレ業界において影響力のある発言者の1人として自身の発言に対してもう少し気を使うべきと痛感しました。

悪口を言うのはやめてくれとは言いません。

ですが、嫌がらせや言いがかりに近い行為、そして自身に対するデマ情報に対しては完全スルーです。当然です。相手にしたところで何も解決に至らないばかりか発言者による悪口が増えるばかりですし時間の無駄。

そういった人たちの発言を除いた分、厳しい意見を寄せていただける方の発言を中心に目を通して可能な事であれば出来得る限り対応する。それくらいの配慮は行うべきだと思っています。

この一連の事件に対する自身のモラルの欠いた発言に対して不快な思いをされた方々に改めて心よりお詫び申し上げます。今後も厳しい意見に関しては目を通させていただくこと、自身の発言をもう少し気を遣うことを今後意識していきたいと思います。

最後まで目を通していただきありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中