リフレのすすめTwitter公式アカウントにて試験的に自動投稿ツールを導入して実証試験を行います

いつもリフレのすすめを見ていただきありがとうございます。リフレのすすめ管理人あとらすからのお知らせです。今現在ブログの最新記事の告知に使ったり、リフレ業界に関するあれこれ等を呟くリフレのすすめTwitter公式アカウントにこれから試験的にTwitterの自動投稿ツールを導入することにしました。

従来までのリフレのすすめTwitter公式アカウント


リフレのすすめTwitter公式アカウントは当初ブログの最新記事を告知する目的で作られました。アメブロ時代の旧リフレのすすめでは記事を投稿次第記事のURLと記事タイトル、簡易的な紹介を手動で入力してTwitterに投稿していました。

そしてWordpress.comに移行した現リフレのすすめでは記事を投稿次第記事のURLと記事タイトル、簡易的な紹介自動で投稿する機能を用いて最新記事の告知をしていました。

また、横の繋がりが出来るにつれ、当アカウントでリフレのすすめの中の人が1人のタダのキモいおっさんとしてリフレ業界に関するあれこれを呟くようになりました。

これを約1年3ヵ月以上行ってきたかいもあってか、フォロワー数1000を超えるアカウントに成り上がりました。この数値はそれなりに常連客を抱えたちょっとした人気リフレ嬢並みの影響力に匹敵します。

日に日に影響力をもたらすようになりつつあるリフレのすすめを約1年3ヵ月以上運用していくうちに、新たな問題点も浮き彫りになりました。

リフレのすすめの読者様はTwitterに投稿した最新記事しか見てくれない


リフレのすすめに限らずどのリフレブログもそうだと思うが、リフレ業界ではお店や女の子がTwitterアカウントを作っては活発に更新する。そしてオキニの女の子のTwitterをフォローすべくリフレ客もTwitterを作る。

そのためリフレ嬢やリフレ客はTwitterを使う頻度が高く、その中でもリフレブログの読者になっているようなユーザーは必ずと言っていいほどリフレブログの告知用のアカウント経由でブログにアクセスすると言っても過言でない。

当たり前すぎるような理論ではあるがそれが実は結構重要なこと。つまりリフレブログを見てくれるようなユーザーはTwitterに投稿した最新記事ばかりに目に行くという事でもあるのです

このような傾向はリフレのすすめのブログ管理画面に顕著に表れており、投稿した直後の記事はアクセス数が急増する傾向にある一方でしばらくすれば何事もなかったかのようにアクセス数が激減する。そしてまた新しく投稿した記事のアクセス数だけが極端に高くなる。これの繰り返しなのです。

ただし例外もあって1つ例を挙げるならリフレのすすめのメインコンテンツである『見学・リフレ店データベース』がそれにあたります。理由は単純明確で随時更新し続けていてなおかつ更新次第Twitterで更新したとの旨を逐一手動で告知しているからです。

つまりTwitter上で露出し続けているような記事はいつまでも一定のアクセス数を保ち続けていること。また随時更新し続ければユーザーに飽きられずいつまでも見てもらえるような記事を作ろうと思えば作れるということが判明したのです。

そうとなれば今まで書いてきた記事を時間がある時にリライトして再び告知をするの繰り返しをすればいいのではと考えるが、記事数が増えるにつれリライトに費やす作業時間が膨大になり新たな記事の更新の妨げになってしまいます。

そんなことをしてるくらいなら新たに記事を更新し続ける。そして古くなった記事が誰にも目向きされなくなる。これでは見学・リフレ店データベースみたいに一定のアクセス数を保ち続けられる記事が増えない一方なのです。

なぜ記事のアクセス数に異様にこだわっているのか?


そもそもなぜこれほどまで一定のアクセス数を保つ記事を増やすことにこだわっているのかについては明確な理由があります。

一時期リフレのすすめで【店舗紹介】や【女の子紹介】記事をいくつか投稿していたのをご存知でしょうか?あれは現リフレのすすめになってからデータベースの延長線上で試してみたことだったのですがこれが大失敗だったと個人的に思っているのです。

理由は上記でも触れたとおり投稿直後はアクセス数が急増するが、ほとぼりが冷めた頃にはアクセス数が激減した記事が大半だったから。これが1つ。

ただし失敗ばかりではなかったということはここで付け加えておきます。

女の子紹介の記事に関しては自分のTwitter公式アカウントだけでなく女の子自身、そしてその子のファンなどの拡散によってリフレのすすめがより多くの人に知ってもらうきっかけになっただけでなく記事を見た女の子の励みになったのは確かです。

この持ちつ持たれつの関係を評価するリフレファンもいるくらいです。

ですが、それ以上に見過ごせない実態も浮き彫りになったのです。

去年の年間アクセス数を精査したところ判明した事なのですが…

【女の子紹介】記事の中では超有名リフレ嬢で名高いねねちゃんの記事が圧倒的なアクセス数を叩き出していました。その数値は最も【女の子紹介】記事中最下位だった記事との差は約3倍にまで広がっていました。

ただし【女の子紹介】記事中最下位だった記事でも投稿直後はアクセス数が急増してしばらくしてアクセス数が激減するという傾向は変わりませんでした。

つまりネーミングバリューが約3倍ものの差を生み出したということでもあるのです。こればかりは周りからの注目度に左右されるためしょうがない部分もあるかもしれないが、今後【女の子紹介】記事でまだ有名じゃないけど紹介することにした女の子の記事の周知化が如何に難しいかが浮き彫りになった訳です。

また【店舗紹介】記事に関してはみんながご存じ制服オーディションの記事が圧倒的にアクセス数が多かったです。その数値は【店舗紹介】記事中最下位だった記事との差は何と5倍以上にまで広がったのです。ですがここに貼った制服オーディションの告知ツイートを見て明らかに何かがおかしいと感じた人は多いはず。

原因は検索による流入によるアクセスが圧倒的に多かったからでした。

特に「制服オーディション 裏オプ」等というワードでの検索でアクセスする人の多いこと。

リフレブログをやるならブログ作って適当にリフレに関する記事をいくつか書いて制服オーディションをベタ褒めすればそれなりにアクセス数が見込めると言わしめるほど検索による流入の凄まじさは他店を圧倒していました。

ただアクセス数が稼げるからと言う理由だけで制服オーディションの記事ばかりを書くのは如何なものなのか。そう考えざるを得ない結果を突き詰められたわけです。

ではTwitterで積極的に過去記事の告知も行ってみたらあまり目を向けられなくなった記事にもアクセスしてくれるようになるのでは?


そんなこんなで【女の子紹介】や【店舗紹介】記事のアクセス数の差の現状を突き付けられたわけだが、逆にあまりアクセス数が見込めない可能性が高くなった記事や一時期注目されたけどほとぼりが過ぎたらアクセス数が激減しそうな記事を再びユーザーの目に触れさせることで更なるアクセス数に繋げられないか?

20160103001

そこで今回試験的にTwitterの自動投稿ツールの導入に踏み切ったということになるのです。

この手のツールによくありがちなパターンとしてTwitterの認証さえすればすぐに使えるような単純なツールがあるのですが、それを使っているようでは定期的でかつ単発的な自動ツイートしか投稿できないという柔軟性に欠けた欠点があります。こんなんでは一瞬でBotと見破られるに決まってる。

そこでリフレのすすめでは定期的な自動投稿はもちろんの事、日付単位や曜日単位、時間単位での自動ツイートが出来たり、登録したツイートを一定期間ごとにランダムで呟いたり等と事細やかな自動ツイートが出来るような高度なツールを導入することにしました。ツール名はMAKEBOTです。かなり初期設定が面倒です。

さらに手動での自身のツイートも併用してTwitterを活用するという所謂手動と自動ツイートのハイブリッドにしていくことでBot特有の違和感を少しでも軽減していきます。

今後はこのツールを用いて自動投稿ツイートの有用性を実証すべく試験的に稼働させることにしました。随時自動ツイートの内容を増やしていきこのツールの効果を確かめていきたく思いますのでご理解の方よろしくお願いします。

取り合えずツール導入して思った事…

この自動投稿ツール設定箇所多すぎ!(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中