業界初!女の子と話してから選べる池袋のリフレ店「学園系リフレガールズルーム」突撃レポート

久々のリフレ店の体験談をお送りします。

今年の7月17日にオープンしたばかりの池袋の新感覚リフレ店「学園系リフレガールズルーム」を抜き打ち調査することになりました。

※当記事は旧リフレのすすめの記事に公開された体験談に一部加筆修正を加えた上で2017年1月31日に再公開したものとなっています。

このお店の目新しいポイントとして15分間で女の子3人とお話しができるコミュコースが挙げられます。驚くことに何とこのコミュコース…

女の子3人とお話ができて1500円!!!

今まであったリフレ店の最低料金としては破格級の安さに脱帽です(笑)最近のリフレ店はオプションを入れない限りおしゃべりがメインになりがちなところがある中でお話をするだけならリフレコースに比べて安くするという新しいメニュー構成が目を引きます。

お店のブログによれば、このコミュコースに入って気に入った女の子がいなければ帰ってもよく、逆に気に入った女の子がいたらそのままリフレコースに入って楽しむというコンセプトになっており、肝心の女の子がどうなのかが気になるようになり調査をすることになったのです。

※再執筆時にはこのコミュコースは廃止されてしまいコース設定に変更が行われました。変更後の情報に関しては後程公開の体験談にて説明していく予定です。

調査日当日、お店の場所を調べたところ…

店舗型リフレ店が密集する激戦区池袋サンシャイン通り付近からは結構離れていて池袋東口を出てそれほど時間がかからない場所に位置するホテル街に紛れた雑居ビルに店舗を構えているとのこと。

本当にこんなところにリフレ店なんてあるのか?と目を疑うほど看板らしきものが設置されておらず非常に分かりづらいです。だが、地図が示す位置がそのビルある以上入る以外の選択肢はありません!

入り口を入ってエレベーターで3階に向かったところで…

例のお店が構えてると思われる部屋を発見しました。ドアノブに手を伸ばしてドアを開けると普通に中に入ることができます。

中に入ると正面に靴とスリッパが置いてあり、そこでスリッパに履き替えることに。左側には個室、右側には受付に通じる通路になっているみたいで、結構特徴的な部屋の構造が印象的です。受付に向かうとちょうど自分の顔付近にマジックミラーが設置されており、その下に四角い小さな穴が設置されていて初めは戸惑いました。

しばらくすると小さな穴から店員と思われる男の人が声をかけてきました。どうやらこのマジックミラー、店員側のみから見えるように細工することで店員さんと顔を合わせずに受付を済ませられるよう工夫されているみたいです。

一通り説明を聞いて初めはコミュコース15分の料金1500円を払った上で1番の部屋に行くよう促されます。

どうやらこのコミュコースは女の子が1人あたり5分間お話しすることが可能でそれを3回繰り返すとのこと。その際に誰を指名しても追加料金がかからないため本当に1500円だけで楽しむことも不可能ではなさそうです。ただし本当にお話ししかできませんでした(笑)

3人の女の子とお話しした後、再び受付に向かい3人の中で特に気になった2番の女の子を指名することに。リフレコース30分の料金4000円を払って再び部屋に行きます。その際先ほど使った1番の部屋ではなく7番の部屋に案内されました。

どうやらお話し専門の部屋とリフレ用の部屋とが別々になっていて、お話し専門の部屋だと簡易的なカーペットに枕が2つ置いてあるだけの部屋になっているのに対してリフレ用の部屋だとそれなりにフカフカの布団が敷いてある部屋になっていて差別化を図っていました。

7番の部屋に入って待機していると、先ほどお話しした2番の女の子ひよりちゃんがやってきました。黒髪のショートヘアーを纏った顔からは大人びた雰囲気を放った真面目そうな目つき。多少筋肉質ながら華奢な体つきをしており当たりの部類に入るのは間違いありません。
「指名してくれてありがとうございます。」
そう挨拶した後、自分の腕を掴んで手のマッサージをしてくれました。ここまではよくあるリフレでもちょくちょく見られる光景。しかし、手のマッサージをした後…
「足のマッサージでもする?」
おしゃべりがメインになりがちなリフレでこんなことを言われるとは思わず、彼女の言われるがままに足のマッサージをしてもらうことに。コミュコースとリフレコースとが混在したメニュー故にこれらの明確な差別化を図るべくこのような対応をとっているのでしょう。
まず右足を伸ばした後、膝の関節を上に上げながら約90度曲げて、足の裏を床につける格好にされた上でふくらはぎをマッサージしてもらいました。その際、足のつま先からくるぶしまでの部分がひよりちゃんの太ももと密着する格好に。
男の人と接触するのに抵抗がないのだろうか?と思ったが、聞いた話によれば高校時代に運動部のマネージャーをやっていてその活動の一環として男子部員の体をマッサージしていたと言うのです。これなら抵抗感なく男と密着できるのも納得です。
そのポテンシャルは背中のマッサージでも発揮されます。力はあまり強いわけではないが、ツボとなるところを抑えてる印象を受けました。その際にどうも、自分の体が多少偏移しているとのことで、その偏移を治してもらいました。
もはやしっかりしたリフレを受けている気分です。因みにマッサージをしてもらってる間もおしゃべりをして楽しんでいました。
背中のマッサージが終わった後…
「後はどこマッサージする?」
そう聞かれたので、肩をマッサージしてほしいとお願いしました。自分の後ろにひよりちゃんが回り込む形で肩をもんでもらいました。ふとここで、さっきからオプションを勧めてこないのでそのことについて話題に触れてみたところ…
「オプションを入れてくれなくてもお客さんが楽しんでまた来ていただければそれでいいんです!」
そう答えました。今どきこんなことを堂々と言えるリフレ嬢がどこにいるんだろう。
今回はリフレにしては珍しくマッサージがメインとなったのだが、どこかお客さんを楽しませようという頑張りが見られ、いい体験になったと思いました。オプションを入れたら今度はどんな感じで楽しませてくれるのだろう?そう思いながらひよりちゃんに別れを告げるべくドアから出た際に手をくっつけて別れの挨拶をしようとしたその時だった。

不意打ちで○○されちゃいました!!

突然の出来事に驚きを隠せませんでした。
きちんとしたリフレを真面目に全うする接客を行う一方で、どこかお客さんを楽しませようと予測不能な行動に出る2番のひよりちゃん。今後このお店に出向いた際は間違いなく断言する!

2番を絶対に指名すると。

補足情報


当体験談執筆後も2番の子を指名し続け今ではイチャイチャ接客を売りにしたリフレ嬢として進化を遂げていきました。ここで1つ予告です!

近日中にリフレのすすめにて進化を遂げたGR2番ひよりちゃんの体験談を執筆した上で公開しようと思いますので楽しみにしていてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中