制服オーディションで働く女の子から聞いた!制服オーディションが何かと話題になる理由

2015年度より店舗を構えるJKリフレ店とは別に、最近では店舗を構えない無店舗型のJKリフレ店というものが急増しています。

無店舗型のJKリフレ店として最も有名なお店、というかJKリフレにちょっと詳しい人であれば、一度は絶対に聞いたことがあるであろうお店の一つとして「制服オーディション」というものがあります。

店舗情報


制服オーディションロゴ

【店名】:池袋制服オーディション
【業態】:派遣型リフレ
【店舗URL】
HP:http://jk-seifuku.com/
萌えなび:https://www.moe-navi.jp/shop/2175/
【店舗Twitter】:@jkaud0402
【店舗エリア】:池袋東口側


制服オーディションについてHPで見た限り、普通のJKリフレ店よりも割高な値段になっているが、オプションが普通のJKリフレ店よりも過激で「これなんてリフレなの?アウトじゃね?」て思うものも含まれていて、如何にも見るからに怪しさ満載です。

興味はあったものの、JKリフレ店としては値段が割高なこともあって、いまだに行ったことがありませんでした。そんな中、自分が別のとある無店舗型のJKリフレ店を調査していたところ衝撃的な事実が発覚します(笑)

担当になった女の子が制服オーディションでも働いたことがあると女の子が自ら明かしてきたのです。

それを知った私は思わぬ収穫になるのを期待して「制服オーディションて何でこんなにも話題になるのか?」と女の子に直接聞いてみたんですよ。その答えは意外に簡単なものでした。

自分が調査しているお店のメニューと見せてもらったうえで、制服オーディションで使ってるメニューを特別に見せてもらったときに、答えがはっきりしました。

何とメニューの中にオプションがたくさん並んでいる中で…

「他にご要望があれば女の子に相談してください」

てはっきり書いてあるんですよ(笑)

これで何を言ってるのかわかった人は考えが鋭いです。

女の子が言うには「他にご要望があれば女の子に相談してください」という一言に重要な意味が込められていて、ようはこれ極端な話「女の子が許せば何でもあり」なんだというのです(笑)

つまりですよ!この一言に書いてあることを元に女の子に相談する形で普通のJKリフレ店では絶対にできないようなやばめのオプションを女の子が許せば可能になるというのです!

たかが注意書きにしか見えない一言でこれだけの意味が込められているとは恐ろしいものです。

ただしこういったオプションはお客さんが何をやりたいのかを自ら言わないとやらないという女の子がほとんどらしいが、中には気に入ったお客さんに対してサービスする形で女の子自らがオプション料を貰わずにやることもあるんだとか。

これだけ言えば制服オーディションが何かと話題になるのも納得ですよね。これを聞いて自分も普通のJKリフレ店でできないようなことをやろうと思っていただいても結構ですが、女の子によってできるできないがあるのでその点だけは注意した方がいいですね。

補足情報


以上の話は旧アメブロ時代のリフレのすすめで2015年9月23日に公開した記事で話したこと。

後に女の子のタレコミなどで風営法の届け出を出したリフレ店ということが判明します。道理で堂々と裏オプが出来るわけです。今となっては…

派遣型リフレ=裏オプOK

という風潮が浸透しているのが現状なのです。

※当記事はアメブロ時代の旧リフレのすすめにて過去に投稿した記事をリライトしたものとなっています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中